若貴時代のようにもう一度相撲を盛り上げよう

力士を強くするための稽古

土俵

相撲の力士が行う稽古は、他のスポーツではトレーニングに相当し、精神を鍛錬するための意味合いも含まれています。多くの力士は朝早い時間から行って、大量のご飯も食べて体力を養いますが、昼寝の作業もセットになっています。

運動をしっかりとして、よく食べる習慣を実践するわけですから、人並み外れた巨体が作られるようになります。稽古の最中には、兄弟子の胸を借りて、鍛錬をしてもらうことがあります。あるいは、部屋頭の力士の場合には、弟子の指導を厳しく行う必要もあります。

親方は常に見守って指導をするわけですが、兄弟子からは直接的な指導を受けることで、巧みな技術を習得していくことになります。 稽古がなければ相撲の鍛錬を行うことができずに、土俵の文化も廃れてしまいます。

悠久の歴史の中で、土俵の大きさには変化がありましたが、多くの伝統は受け継いでいます。ファンにとっては未知の世界ですが、力士にとっては戦いの場としても重要です。