若貴時代のようにもう一度相撲を盛り上げよう

強靭な肉体と精神力を駆使する相撲の力士

力士

力士とは、もともとは力が強い人のことを意味していましたが、今では相撲取りの呼称として定着しています。多くの場合には、体重が大きいのが普通ですから、最初には巨体を連想するのが普通です。

実際には単純に太っているわけではなく、厳しい稽古で体を鍛えながら、強靭な肉体を作り上げていることになります。 相撲の力士は、横綱を頂点として、序の口までの番付で構成されています。

ピラミッドのような階級になっているため、上位ほどに人数は少なく、給料も高くなります。多くの人は序の口から入門して、関取を目指すことになりますが、実際に昇格できるのは一部だけです。

幕下と十両の間には、天と地の差があるのは周知の事実で、一般的にも有名です。関取になった力士は、大銀杏を結うことが許され、鮮やかな化粧まわしも使うことができます。

一方で、責任も同時に重くなりますから、生半可な気持ちでは維持できない地位です。相撲の世界で君臨するためには、心技体の充実も重要になります。