若貴時代のようにもう一度相撲を盛り上げよう

相撲の番狂わせで座布団が投げられるのは

座布団

相撲では、横綱が平幕に負けたときなどに土俵に向かって座布団が投げられることがあります。なぜ番狂わせがあると観客は座布団を投げるのでしょうか。

まず、座布団はどこから出てきたものなのかというと、枡席に敷かれているものです。枡席とはボックス席のようなもので、一つの区画で最大四人まで座れることができます。

投げる理由ですが、基本的に怒って投げているわけではありません。たとえば、若手のホームが大横綱と呼ばれるような力士に勝った場合、そのことに興奮して投げているのです。

投げられると、これ以上投げないようにという場内アナウンスが流れますが、だからといって相撲協会は永久に禁止するという方向に動いたことはありません。

というのは、大番狂わせが起きたときは投げられるものという文化のようなものであるからです。また、やわらかい材質のものなので、土俵に投げられて誰かに当たったとしてもけがの心配はないということも明確に禁止されない理由の一つです。