若貴時代のようにもう一度相撲を盛り上げよう

相撲を見に行って応援しよう

国技館

相撲は日本の国技になっているスポーツで、以前まではかなり高い人気を誇っていました。しかし、最近では価値観の多様化や、他のスポーツに人気を取られたことにより、以前のような人気を維持するのが難しくなって来ています。

そのため、相撲の人気を取り戻そうという動きが広まっているのです。 それには、相撲の試合を生で見ること大切です。テレビ中継でたまに見る人は多いですが、生で見るとテレビ中継とはかなり異なります。

目の前で大きな力士がぶつかり合うので、その迫力はかなりのものです。そして、好きな力士を応援することで、試合も一層盛り上がるでしょう。土俵に塩を撒く様子なども生で見られるため、感動する人も多いです。

ブックメーカー 相撲

また、テレビ中継では一部の有名力士たちの試合のみ放送していますが、本場所が開催されるときに試合を見に行けば、幕下の力士の試合も見ることができます。新人の力士が順調に勝ち上がって行く様子なども、応援しながら観戦できるのです。

相撲に欠かせない道具として知られるうちわ

画像

相撲で使われる道具には、軍配とも呼ばれるうちわがあり、行司の伝統的な装束とともに注目されています。軍配は武将が戦場で使うものですが、相撲の取り組みでは勝敗を決める道具として、重要な役割を担ってきました。

取り組みで勝敗が決したときには、行司が軍配を東西のどちらかの方向に上げて、勝ち名乗りを与えることになります。

行司が使う軍配とは別に、相撲観戦の土産品としてのうちわも使われ、時代ごとに人気の力士が描かれるようになりました。ご贔屓の力士が登場する作品であれば、部屋に飾るだけでなく、実際の観戦で使うこともできます。

夏場所から名古屋場所にかけては特に重宝する品物であり、お客さんが扇ぐ姿は季節の風物詩にもなります。 うちわは伝統工芸品でもあるため、歴史的な相撲の風景とはよく調和します。

様々な場面で登場して、力士の着物姿を華やかにさせることもあります。実際に使うことになれば、好角家としての気分を味わえることも魅力です。

土俵